人事院規則10―4(職員の保健及び安全保持)の全文・条文

「人事院規則10―4(職員の保健及び安全保持)」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

目次

スポンサーリンク

人事院規則10―4(職員の保健及び安全保持)の全文・条文まとめ

人事院規則10―4(職員の保健及び安全保持)

人事院は、国家公務員法に基づき、人事院規則10―4(職員の保健及び安全保持)の全部を次のように改正する。

スポンサーリンク

第1章|総則

第1条|趣旨

職員の保健及び安全保持についての基準並びにその基準の実施に関し必要な事項は、別に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

第2条|人事院の権限

人事院は、職員の保健及び安全保持についての基準の設定並びにその基準についての指導調整に当たるほか、その実施状況について随時調査又は監査を行ない、法又は規則の規定に違反していると認める場合には、その是正を指示することができる。

第3条|各省各庁の長の責務

各省各庁の長は、法及び規則の定めるところに従い、それぞれ所属の職員の健康の保持増進及び安全の確保に必要な措置を講じなければならない。

第4条|職員の責務

職員は、その所属の各省各庁の長その他の関係者が法及び規則の規定に基づいて講ずる健康の保持増進及び安全の確保のための措置に従わなければならない。

スポンサーリンク

第2章|健康安全管理体制

第5条|健康管理者

各省各庁の長は、人事院の定める組織区分(内部組織の構成等により必要があると認める場合にあつては、当該組織区分を細分した組織区分)ごとに、それぞれの組織に属する職員のうちから健康管理者を指名しなければならない。

【2】健康管理者は、上司の指揮監督の下に、職員の健康管理に関する事務の主任者として次に掲げる事務を行うものとする。

1 職員の健康障害を防止するための措置に関すること。

2 職員の健康の保持増進のための指導及び教育に関すること。

3 職員の健康診断又は面接指導(医師が問診その他の方法により心身の状況を把握し、これに応じて面接により必要な指導を行うことをいう。以下同じ。)の実施に関すること。

4 職員の健康管理に関する記録及び統計の作成並びにその整備に関すること。

5 前各号に掲げるもののほか、職員の健康管理に必要な事項に関すること。

第6条|安全管理者

各省各庁の長は、人事院の定める組織区分(内部組織の構成等により必要があると認める場合にあつては、当該組織区分を細分した組織区分)ごとに、それぞれの組織に属する職員のうちから安全管理者を指名しなければならない。

【2】安全管理者は、上司の指揮監督の下に、職員の安全管理に関する事務の主任者として次に掲げる事務を行なうものとする。

1 職員の危険を防止するための措置に関すること。

2 職員の安全のための指導及び教育に関すること。

3 施設、設備等の検査及び整備に関すること。

4 職員の安全管理に関する記録及び統計の作成並びにその整備に関すること。

5 前各号に掲げるもののほか、職員の安全管理に必要な事項に関すること。

第7条|健康管理担当者及び安全管理担当者

各省各庁の長は、健康管理者の事務を補助する者として健康管理担当者を、安全管理者の事務を補助する者として安全管理担当者をそれぞれ置かなければならない。

第8条|野外実験等の場合の体制

各省各庁の長は、野外における実験等の業務で人事院の定めるもの(以下「野外実験等」という。)を行なう場合には、その業務に従事する職員のうちから特に健康管理又は安全管理の責任者を指名し、当該業務に関する健康管理者又は安全管理者の事務を分担させなければならない。

【2】2以上の省庁が共同して野外実験等の業務を行なう場合には、関係各省各庁の長は、あらかじめ協議を行ない、当該野外実験等(以下「共同野外実験等」という。)に係る健康管理又は安全管理の総括の責任者の設置その他当該野外実験等に係る職員の健康障害又は危険の防止を1体的に行なうための措置を講じなければならない。

第9条|健康管理医

各省各庁の長は、第5条第1項の組織区分ごとに、健康管理医を置かなければならない。

【2】健康管理医は、医師である職員(当該健康管理医を指名しようとする組織区分に係る各省各庁の長及び当該組織区分の長を除く。)のうちから指名し、又は医師である者に委嘱するものとする。

【3】健康管理医は、指導区分の決定又は変更その他人事院の定める健康管理についての指導等の業務(以下「健康管理指導等」という。)を行うものとする。

【4】健康管理医は、職員の健康管理指導等を行うのに必要な医学に関する知識に基づいて、誠実にその職務を行わなければならない。

【5】各省各庁の長は、健康管理医に対し、人事院の定めるところにより、職員の勤務時間に関する情報その他の健康管理医が職員の健康管理指導等を適切に行うために必要な情報として人事院の定めるものを提供しなければならない。

【6】各省各庁の長は、健康管理医による職員の健康管理指導等の適切な実施を図るため、健康管理医が職員からの健康相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の必要な措置を講ずるように努めなければならない。

【7】各省各庁の長は、健康管理医の業務の内容その他の健康管理医の業務に関する事項で人事院の定めるものを、常時各勤務場所の見やすい場所に掲示し、又は備え付けることその他の人事院の定める方法により、職員に周知させなければならない。

第10条|危害防止主任者

各省各庁の長は、別表第1に掲げる業務については、当該業務に係る作業場ごとに、人事院の定める知識、経験又は技能を有する職員のうちから危害防止主任者を指名し、人事院の定める危害防止に関する事務を行なわせなければならない。

【2】各省各庁の長は、別表第1に掲げる業務以外の業務について特に必要があると認める場合にも、危害防止主任者を指名し、危害防止に関し必要な事務を行なわせるように努めるものとする。

第11条|火元責任者

各省各庁の長は、防火上適切と認められる施設の区分ごとに火元責任者を置き、火災防止に関する事務を行なわせなければならない。

第12条|健康安全管理規程

各省各庁の長は、職員の健康管理及び安全管理に関し健康安全管理規程を作成し、これを職員に周知させなければならない。

【2】健康安全管理規程には、次に掲げる事項を定めなければならない。

1 職員の健康及び安全についての管理組織に関すること。

2 健康管理及び安全管理に関して職員の意見を聞くための措置に関すること。

3 健康安全教育に関すること。

4 職員の健康障害及び危険の防止に必要な措置に関すること。

5 勤務環境の検査及び設備等の検査に関すること。

6 健康診断又は面接指導の実施及びこれらに基づく事後措置に関すること。

7 避難訓練その他の緊急事態に対する措置に関すること。

8 勤務環境の検査及び設備等の検査の記録並びに健康管理の記録に関すること。

9 前各号に掲げるもののほか、職員の健康管理及び安全管理に必要な事項に関すること。

【3】各省各庁の長は、健康安全管理規程を作成し、又は変更した場合には、すみやかに人事院に報告しなければならない。

第13条|健康安全教育

各省各庁の長は、職員を採用した場合、職員の従事する業務の内容を変更した場合等において、職員の健康の保持増進又は安全の確保のために必要があると認めるときは、当該職員に対し、健康又は安全に関する必要な教育を行なわなければならない。

第14条|職員の意見を聞くための措置

各省各庁の長は、職員の健康管理及び安全管理に関して職員の意見を聞くために必要な措置を講じなければならない。

第14条の2|有害性又は危険性の調査等

各省各庁の長は、人事院の定めるところにより、建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、又は作業行動その他業務に起因する有害性又は危険性等(別表第1の2に掲げる物(以下「特定調査対象物」という。)による有害性又は危険性等を除く。)を調査し、その結果に基づいて、この規則の規定による措置を講ずるほか、職員の健康障害又は危険を防止するため必要な措置を講ずるように努めなければならない。

スポンサーリンク

第3章|健康管理基準

第15条|勤務環境等について講ずべき措置

各省各庁の長は、人事院の定めるところにより、換気その他の空気環境の調整、照明、保温、防湿、清潔保持及び伝染性疾患のまん延の予防のための措置その他職員の健康保持のため必要な措置を講じなければならない。

第16条|有害な業務に係る措置

各省各庁の長は、別表第2に掲げる有害な業務(以下「特定有害業務」という。)の行なわれる場所及び特定有害業務に従事する職員については、人事院の定める健康障害を防止するための措置を講じなければならない。

【2】各省各庁の長は、特定有害業務の行なわれる場所については、人事院の定めるところにより、定期に勤務環境を検査し、及びその結果について記録を作成しておかなければならない。

【3】各省各庁の長は、前項の規定に基づき作成された記録書を、作成の日から起算して3年間保存しなければならない。ただし、別表第2の2の上欄に掲げる記録書については、その区分に応じ、それぞれその作成の日から起算して同表の下欄に定める期間保存するものとする。

【4】各省各庁の長は、特定有害業務以外の業務で職員の健康障害を生ずるおそれのあるものの有無について随時調査し、職員の健康障害を防止するため必要があると認めるときは、適切な措置をとるものとする。

第16条の2|有害物質の使用等の制限

各省各庁の長は、職員に重度の健康障害を生ずる別表第2の3第1号に掲げる物質(以下「第1種有害物質」という。)については、試験研究を目的とする場合で人事院の承認を得たときを除き、製造し、又は職員に使用させてはならない。

【2】各省各庁の長は、職員に重度の健康障害を生ずるおそれのある別表第2の3第2号に掲げる物質(以下「第2種有害物質」という。)を製造する場合は、あらかじめ、人事院の承認を得なければならない。

【3】人事院は、前2項の承認をしたときは、承認書を交付するものとする。

【4】第1項及び第2項の承認に関し必要な事項は、人事院が定める。

第16条の3|特定調査対象物の調査等

各省各庁の長は、人事院の定めるところにより、特定調査対象物による有害性又は危険性等を調査しなければならない。

【2】各省各庁の長は、前項の調査の結果に基づいて、この規則の規定による措置を講ずるほか、職員の健康障害又は危険を防止するため必要な措置を講ずるように努めなければならない。

第17条|継続作業の制限等

各省各庁の長は、潜水作業その他人事院の定める作業に従事する職員については、職員の健康障害を防止するため、人事院の定めるところにより、継続作業の制限等の措置を講じなければならない。

第18条|中高年齢職員等に対する配慮

各省各庁の長は、中高年齢職員その他健康障害の防止上特に配慮を必要とする職員については、配置、業務の遂行方法等に関して心身の条件を10分に考慮するように努めなければならない。

第19条|採用時等の健康診断

各省各庁の長は、職員(人事院の定める非常勤職員を除く。以下この条、次条第2項第2号及び第21条の2において同じ。)の採用に際し、その者の健康診断(第22条の4第1項に規定する検査を除く。以下第24条の3までにおいて同じ。)を行わなければならない。職員を新たに別表第3に掲げる業務に従事させる場合にも、同様とする。

【2】前項の健康診断の検査の項目は、人事院が定める。

第20条|定期の健康診断

各省各庁の長は、定期に職員の健康診断を行わなければならない。

【2】前項の健康診断は、次に掲げるものとする。

1 すべての職員(人事院の定める非常勤職員を除く。第24条の2において同じ。)に対して行う一般定期健康診断

2 別表第3に掲げる業務に現に従事し、又は同表に掲げる業務で人事院の定めるものに従事したことのある職員に対して行う特別定期健康診断

【3】第1項の健康診断の検査の項目その他同項の健康診断に関し必要な事項は、人事院が定める。

第21条|臨時の健康診断

各省各庁の長は、前2条の健康診断のほか、必要と認める場合には、臨時に職員の健康診断を行なうものとする。

第21条の2|職員の健康の保持増進のための総合的な健康診査

各省各庁の長は、職員が請求した場合には、その者が総合的な健康診査で人事院が定めるもの(以下「総合健診」という。)を受けるため勤務しないことを承認することができる。

【2】前項の規定により勤務しないことを承認することができる時間は、1日(交通機関の状況から、請求した職員が前項の承認に係る総合健診を受けるためには総合健診が行われる日又はその前日に宿泊することが必要であると認められる場合(以下この項において「宿泊を要する場合」という。)にあつては、1日に各省各庁の長が宿泊のため必要と認める日数を加えた日数)の範囲内で各省各庁の長が必要と認める時間とする。ただし、前項の承認に係る総合健診が2日にわたるものである場合で、次のいずれかに該当するときは、2日(宿泊を要する場合にあつては、2日に各省各庁の長が宿泊のため必要と認める日数を加えた日数)の範囲内で各省各庁の長が必要と認める時間とする。

1 当該総合健診が、正午以後に始まり、翌日の午前中に終了するものであるとき。

2 当該総合健診が、請求した職員の健康管理上健康管理医が特に必要と認める検査の項目を含むものであるとき(請求した職員が、当該検査項目を含む1日又は半日の総合健診を受けることができない場合に限る。)。

3 請求した職員が、離島振興法(昭和28年法律第72号)に基づく離島振興対策実施地域又は山村振興法(昭和40年法律第64号)に基づく振興山村に勤務しているとき。

4 各省各庁の長又は国家公務員共済組合法(昭和33年法律第128号)第3条の規定により設置された国家公務員共済組合と総合健診を実施する病院等との契約上、1日又は半日の総合健診のみでは希望する職員のすべてが総合健診を受けることができない状況にあるため、請求した職員が2日にわたる総合健診を受けることがやむを得ないと認められるとき。

第22条|健康診断における検査の省略

各省各庁の長は、職員が第19条又は第20条の健康診断の実施時期前の近接した時期に当該健康診断の検査の項目の全部又は一部について医師(歯科医師を含む。以下同じ。)の検査を受けている場合において、その検査がこれらの規定に基づく健康診断における検査の基準に適合していると認めるときは、その検査をもつて当該健康診断における検査に代えることができる。

【2】各省各庁の長は、職員が第20条の健康診断の実施時期に近接した時期に総合健診を受ける場合において、当該健康診断の検査の項目について当該総合健診の検査の結果を利用することができると認めるときは、その検査をもつて当該健康診断における検査に代えることができる。

第22条の2|勤務時間の状況等に応じて行う面接指導等

各省各庁の長は、次に掲げる職員に対し、人事院の定めるところにより、面接指導を行わなければならない。

1 勤務時間の状況が職員の健康の保持を考慮して人事院の定める要件に該当する職員

2 勤務時間の状況その他の事項が職員の健康の保持を考慮して人事院の定める要件に該当し、かつ、面接指導を受けることを希望する旨の申出をした職員(前号に掲げる職員を除く。)

【2】各省各庁の長は、前項の規定による面接指導を実施するため、職員の勤務時間の状況に関する人事院の定める事項を記録しなければならない。

【3】各省各庁の長は、第1項の規定による面接指導の結果に基づき、当該職員の健康を保持するために必要な措置について、人事院の定めるところにより、医師の意見を聴かなければならない。この場合において、各省各庁の長は、当該医師の意見を勘案し、必要があると認めるときは、当該職員の実情を考慮して、適切な措置を講じなければならない。

第22条の3 各省各庁の長は、前条第1項の規定により面接指導を行う職員以外の職員であつて健康への配慮が必要なものについては、人事院の定めるところにより、必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

第22条の4|心理的な負担の程度を把握するための検査等

各省各庁の長は、職員(人事院の定める非常勤職員を除く。)に対し、医師、保健師その他の人事院の定める者(第3項において「医師等」という。)による心理的な負担の程度を把握するための検査を受ける機会を与えなければならない。

【2】前項の検査の項目その他同項の検査に関し必要な事項は、人事院が定める。

【3】各省各庁の長は、第1項に規定する検査を受けた職員に対し、人事院の定めるところにより、当該検査を行つた医師等から当該検査の結果が通知されるようにしなければならない。この場合において、各省各庁の長は、あらかじめ当該結果の通知を受けた職員の同意を得ないで、当該医師等から当該職員の検査の結果の提供を受けてはならない。

【4】各省各庁の長は、前項の規定による通知を受けた職員であつて、心理的な負担の程度が職員の健康の保持を考慮して人事院の定める要件に該当するものから面接指導を受けることを希望する旨の申出があつた場合には、当該職員に対し、人事院の定めるところにより、面接指導を行わなければならない。この場合において、各省各庁の長は、職員が当該申出をしたことを理由として、当該職員に対し、不利益な取扱いをしてはならない。

【5】第22条の2第3項の規定は、前項の規定による面接指導の結果に基づく必要な措置について準用する。

第23条|指導区分の決定等

各省各庁の長は、健康診断又は面接指導を行つた医師が健康に異常又は異常を生ずるおそれがあると認めた職員については、その医師の意見書及びその職員の職務内容、勤務の強度等に関する資料を健康管理医に提示し、別表第4の指導区分欄に掲げる区分に応じて指導区分の決定を受けるものとする。

【2】各省各庁の長は、前項の職員の医療に当たつた医師が指導区分の変更について意見を申し出た場合その他必要と認める場合には、所要の資料を健康管理医に提示し、当該職員の指導区分の変更を受けるものとする。

第24条|事後措置

各省各庁の長は、前条の規定により指導区分の決定又は変更を受けた職員については、その指導区分に応じ、別表第4の事後措置の基準欄に掲げる基準に従い、適切な事後措置をとらなければならない。

【2】各省各庁の長は、前項の事後措置の実施に当たり、伝染性疾患の患者又は伝染性疾患の病原体の保有者である職員のうち、他の職員に感染のおそれが高いと認められる職員についてやむを得ないと認める場合には、業務に就くことを禁止することができる。

【3】前項の規定による就業の禁止は、人事院の定める事項を記載した文書を交付して行なわなければならない。

第24条の2|脳血管疾患及び心臓疾患の予防のための保健指導

各省各庁の長は、健康診断において、脳血管疾患及び心臓疾患の発生にかかわる身体の状態に関する検査であつて人事院の定めるものを受けた職員が当該検査のいずれの項目にも異常の所見があると診断された場合には、人事院の定めるところにより、当該職員(第23条第1項の規定により、健康管理医から脳血管疾患又は心臓疾患の発生に関し別表第4に規定する医療の面1又は2の指導区分の決定を受けた職員を除く。)に対し、医師又は保健師の面接による保健指導を行うものとする。

第24条の3|健康診断の結果の通知

各省各庁の長は、健康診断を受けた職員に対し、当該健康診断の結果を通知しなければならない。

第25条|健康管理の記録

各省各庁の長は、健康診断又は面接指導の結果(第22条の4第1項の検査の結果にあつては、同条第3項の同意を得て提供を受けたものに限る。)、指導区分、事後措置の内容その他健康管理上必要と認められる事項について、人事院の定めるところにより、職員ごとに記録を作成し、これを職員の健康管理に関する指導のために活用しなければならない。

【2】前項の記録は、職員が各省各庁の長を異にして異動した場合には、異動後の所属の各省各庁の長に移管するものとする。

【3】各省各庁の長は、第1項の記録をその職員の離職した日から起算して5年間保存しなければならない。ただし、次の各号に掲げる業務に従事したことのある職員に係る記録については、当該職員の離職した日から起算して当該各号に定める期間保存するものとする。

1 別表第2第1号に掲げる業務のうち、石綿に係るもの 40年

2 別表第2第1号に掲げる業務のうち、別表第2の2第2号1から46までに掲げる物質に係るもの 30年

3 別表第2第3号に掲げる業務 7年

4 別表第3第2号に掲げる業務 30年

第25条の2|心身の状態に関する情報の取扱い

各省各庁の長は、この規則の規定による措置の実施に関し、職員の心身の状態に関する情報を収集し、保管し、又は使用するに当たつては、職員の健康の確保に必要な範囲内で職員の心身の状態に関する情報を収集し、並びに当該収集の目的の範囲内でこれを保管し、及び使用しなければならない。ただし、本人の同意がある場合その他正当な事由がある場合は、この限りでない。

第26条|健康管理手帳

人事院は、別表第2第1号若しくは第3号に掲げる業務又は別表第3第2号に掲げる業務に従事する職員がこれらの業務に従事しないこととなつた場合には、人事院の定める場合を除き、当該職員の所属の各省各庁の長の申請に基づき、当該職員に健康管理手帳を交付しなければならない。

【2】健康管理手帳の様式その他健康管理手帳に関し必要な事項は、人事院が定める。

第26条の2|特別健康管理手帳

人事院は、別表第4の2に掲げる業務に職員として従事していた者のうち、人事院の定める要件に該当する者に対し、離職の際に又は離職の後に、その者が離職の際に所属していた各省各庁の長の申請に基づき、当該業務に係る特別健康管理手帳を交付するものとする。

【2】特別健康管理手帳の様式その他特別健康管理手帳に関し必要な事項は、人事院が定める。

第27条|健康診断の実施結果等の報告

各省各庁の長は、人事院の定めるところにより、毎年6月末日までに、前年4月1日に始まる年度における健康診断の実施結果、第22条の4第4項の規定による面接指導の実施結果及び職員に対して行なつた健康管理上の指導事項の概要を人事院に報告しなければならない。

スポンサーリンク

第4章|安全管理基準

第28条|危険を防止するための措置

各省各庁の長は、次の各号に掲げる危険による職員の災害の発生を防止するために必要な措置を講じなければならない。

1 機械、器具その他の設備等による危険

2 爆発性の物、発火性の物、引火性の物等による危険

タイトルとURLをコピーしました