人事院規則3―0(事務総長の権限)の全文・条文

「人事院規則3―0(事務総長の権限)」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

人事院規則3―0(事務総長の権限)の全文・条文まとめ

人事院規則3―0(事務総長の権限)

人事院は、国家公務員法に基き、事務総長の権限に関し次の人事院規則を制定する。

事務総長は、法律及び規則により定められた行政上及び技術上の責務を遂行するに当たり、人事院の職員並びに国の各機関及び行政執行法人に対し、法律及び規則の定めるところに従い、細則及び通達を発することができる。ただし、人事院が特定の事項につき議決をもって留保した権限については、この限りでない。

附則

 (平成15年1月14日人事院規則1―37) 抄

(施行期日)

【1】この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附則

 (平成19年9月28日人事院規則1―50) 抄

第1条|施行期日

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

附則

 (平成27年3月18日人事院規則1―63) 抄

第1条|施行期日

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

第15条|雑則

附則第2条から前条までに規定するもののほか、この規則の施行に関し必要な経過措置は、人事院が定める。

タイトルとURLをコピーしました