割増金の徴収等に関する省令の全文・条文

「割増金の徴収等に関する省令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

割増金の徴収等に関する省令の全文・条文まとめ

割増金の徴収等に関する省令

物価統制令施行令(昭和27年政令第319号)第8条及び第12条の規定に基き、割増金の徴収等に関する省令を次のように定める。

第1条|割増額に相当する収入の報告

物価統制令施行令(昭和27年政令第319号)第7条の規定により主務大臣が指定する価格等に対する給付をなすことを業とする者で主務大臣が指定したもの(以下「指定者」という。)は、当該価格等について附すべき割増額に相当する収入に関し、財務大臣が別に指示するところにより、その者の主たる事務所の所在地の所轄税務署長に報告しなければならない。

第2条|割増金の徴収

税務署長は、前条の報告があつたときは、これに基き、割増額に相当する金額のうち国庫に納付させるべき金額を決定し、当該指定者に対し、納入告知書を発しなければならない。

第3条|割増金の軽減免除

税務署長は、特別の事由があると認めるときは、前条の国庫に納付させるべき金額を軽減し、又は免除することができる。

第4条|割増金の調査決定

税務署長は、第1条の報告がないとき、又はその報告があつた場合においてその内容に疑があると認めるときは、その調査によつて第2条の国庫に納付させるべき金額を決定することができる。

附則

この省令は、昭和27年8月1日から施行する。

附則

 (平成12年8月21日大蔵省令第69号) 抄

【1】この省令は、平成13年1月6日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました