南9州畑作営農改善資金融通臨時措置法施行令の全文・条文

「南9州畑作営農改善資金融通臨時措置法施行令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

南9州畑作営農改善資金融通臨時措置法施行令の全文・条文まとめ

南9州畑作営農改善資金融通臨時措置法施行令

内閣は、南9州畑作営農改善資金融通臨時措置法(昭和43年法律第17号)第2条第1項の規定に基づき、この政令を制定する。

南9州畑作営農改善資金融通臨時措置法第2条第1項の政令で定める基準は、次のとおりとする。

1 昭和22年から昭和41年までの各年の5月から7月までの間におけるその地域に係る降雨量(ミリメートルで測定した数値とする。)の合計を20で除して得た数が1200以上であること。

2 その地域に係る畑と牧野の合計面積に対するシラス、ボラ、コラ、アカホヤ、クロボク又はクロニガ(これらに準ずる特殊な火山噴出物として農林水産大臣が認めるものを含む。)でおおわれている畑と牧野の合計面積の割合が100分の60以上であること。

3 その地域に係る農地と牧野の合計面積に対する畑と牧野の合計面積の割合が2分の1以上であること。

附則

この政令は、公布の日から施行する。

附則

 (昭和53年7月5日政令第282号) 抄

第1条|施行期日

この政令は、公布の日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました