国家公安委員会電子署名規則の全文・条文

「国家公安委員会電子署名規則」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

国家公安委員会電子署名規則の全文・条文まとめ

国家公安委員会電子署名規則

警察法施行令(昭和29年政令第151号)第13条第1項の規定に基づき、国家公安委員会電子署名規則を次のように定める。

第1条

国家公安委員会委員長又は国家公安委員会による電子署名(電子署名及び認証業務に関する法律(平成12年法律第102号)第2条第1項に規定する電子署名をいう。以下同じ。)は、その職務上作成した電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)が真正なものであることを認証することができるようにする必要がある場合に行うものとする。

第2条

国家公安委員会委員長又は国家公安委員会の電子署名を行うために用いる符号、国家公安委員会委員長又は国家公安委員会の電子証明書(電子署名を行う者が電子署名を行ったものであることを確認するために用いられる事項がこれらの者に係るものであることを証明するために作成する電磁的記録をいう。)の発行、管理その他必要な事項は、警察庁長官が定めるところによる。

附則

この規則は、平成15年3月31日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました