地上権登記索引簿規則の全文・条文

「地上権登記索引簿規則」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

地上権登記索引簿規則の全文・条文まとめ

地上権登記索引簿規則

不動産登記法(明治32年法律第24号)第164条の規定に基き、地上権登記索引簿規則を次のように定める。

第1条

一定の町村又はその大字の土地登記簿を備えた登記所には、附録様式による地上権登記索引簿を備えることができる。

第2条

前条の町村又はその大字は、法務局又は地方法務局の長の具申により法務大臣が定める。

附則

【1】この府令は、不動産登記法等の一部を改正する法律(昭和26年法律第150号)施行の日(昭和26年7月1日)から施行する。

【2】一定の町村又は其大字の土地登記簿に関する件(明治39年司法省令第17号。以下「旧令」という。)は、廃止する。但し、不動産登記法等の一部を改正する法律附則第2項の規定による土地登記簿の改製を完了するまでの間は、当該登記所においてする登記については、旧令の規定は、なおその効力を有する。

【3】旧令第1条第2項の規定により定めた町村又はその大字は、この府令第2条の規定により定めた町村又はその大字とみなし、旧令第2条の地上権登記索引簿は、この府令による地上権登記索引簿とみなす。

附則

 (昭和27年8月1日法務省令第7号) 抄

【1】この省令は、公布の日から施行する。

附録

タイトルとURLをコピーしました