子どもの貧困対策の推進に関する法律第8条第2項第2号の子どもの貧困率及び生活保護世帯に属する子どもの高等学校等進学率の定義を定める政令の全文・条文

「子どもの貧困対策の推進に関する法律第8条第2項第2号の子どもの貧困率及び生活保護世帯に属する子どもの高等学校等進学率の定義を定める政令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

子どもの貧困対策の推進に関する法律第8条第2項第2号の子どもの貧困率及び生活保護世帯に属する子どもの高等学校等進学率の定義を定める政令の全文・条文まとめ

子どもの貧困対策の推進に関する法律第8条第2項第2号の子どもの貧困率及び生活保護世帯に属する子どもの高等学校等進学率の定義を定める政令

内閣は、子どもの貧困対策の推進に関する法律(平成25年法律第64号)第8条第6項の規定に基づき、この政令を制定する。

【1】子どもの貧困対策の推進に関する法律(以下「法」という。)第8条第2項第2号の「子どもの貧困率」とは、相対的に貧困の状況にある18歳未満の者の数として厚生労働大臣が定めるところにより算定した数が18歳未満の者の総数のうちに占める割合をいう。

【2】法第8条第2項第2号の「生活保護世帯に属する子どもの高等学校等進学率」とは、生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条第1項に規定する被保護者であってその年度に中学校(義務教育学校の後期課程、中等教育学校の前期課程及び特別支援学校の中学部を含む。)を卒業した者の総数のうちにその年度の翌年度に高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。)、高等専門学校又は専修学校の高等課程に入学した者の数の占める割合をいう。

附則

この政令は、法の施行の日(平成26年1月17日)から施行する。

附則

 (平成27年12月16日政令第421号)

この政令は、平成28年4月1日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました