昭和22年政令第109号(財産税法等による物納に因る不動産登記の特例に関する政令)の全文・条文

「昭和22年政令第109号(財産税法等による物納に因る不動産登記の特例に関する政令)」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

昭和22年政令第109号(財産税法等による物納に因る不動産登記の特例に関する政令)の全文・条文まとめ

昭和22年政令第109号

第1条|財産税法等による物納に因る不動産登記の特例に関する政令

財産税法第56条又は戦時補償特別措置法第23条の規定に基く不動産による物納の許可があつた場合において、税務署長が当該不動産の所有権について登記を登記所に嘱託するには、その嘱託書に登記義務者の承諾書及び登記義務者の権利に関する登記済証を添附することを必要としない。

第2条

前条の場合において必要があるときは、税務署長は、登記名義人又は相続人に代わり不動産の表示若しくは登記名義人の表示の変更又は相続に因る所有権移転の登記を嘱託することができる。

○【2】不動産登記法第46条ノ2、第50条第3項、第60条ノ2及び第63条ノ3の規定は、前項の登記について、これを準用する。

○【3】第1項の規定により不動産の表示の変更の登記を嘱託する場合においては、その不動産の登記用紙に所有権以外の権利に関する登記があるときでも、その嘱託書に登記名義人の承諾書又はこれに対抗することを得べき裁判の謄本を添附することを必要としない。

第3条

前2条の場合において同一の登記所の管轄内に在る2箇以上の不動産につき登記を嘱託するには、登記原因又は登記の目的が同1でなくても、同一の嘱託書でその登記を嘱託することができる。

附則

この政令は、公布の日から、これを施行する。

タイトルとURLをコピーしました