東日本大震災の被災者に係る一般旅券の発給の特例に関する法律施行令の全文・条文

「東日本大震災の被災者に係る一般旅券の発給の特例に関する法律施行令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

東日本大震災の被災者に係る一般旅券の発給の特例に関する法律施行令の全文・条文まとめ

東日本大震災の被災者に係る一般旅券の発給の特例に関する法律施行令

内閣は、東日本大震災の被災者に係る一般旅券の発給の特例に関する法律(平成23年法律第64号)第2条第1項及び第4項の規定に基づき、この政令を制定する。

第1条|震災特例旅券の発行の対象となる被災者

東日本大震災の被災者に係る一般旅券の発給の特例に関する法律(以下「法」という。)第2条第1項に規定する政令で定める被災者は、その居住する住宅について、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害により、全壊、流失、半壊、床上浸水その他これらに準ずる損害を受けた旨の証明を市町村長その他相当な機関から受けた者とする。

第2条|都道府県が処理する事務

法第2条第4項に規定する外務大臣が行う震災特例旅券(同条第3項に規定する震災特例旅券をいう。以下同じ。)の発行に関する事務のうち震災特例旅券の作成(旅券法(昭和26年法律第267号)第7条の規定による電磁的方法による記録を含む。)の事務は、法第2条第4項の規定により、都道府県知事が行うこととする。ただし、外務大臣は、旅券法第3条第1項ただし書の規定により申請が行われた場合その他必要があると認める場合には、自ら当該事務を行うことができる。

【2】前項本文の場合においては、法中同項本文に規定する事務に係る外務大臣に関する規定は、都道府県知事に関する規定として都道府県知事に適用があるものとする。

【3】第1項の規定により都道府県が処理することとされている事務は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第2条第9項第1号に規定する第1号法定受託事務とする。

附則

第1条|施行期日

この政令は、公布の日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました