海上交通安全法施行規則の全文・条文

「海上交通安全法施行規則」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

海上交通安全法施行規則の全文・条文まとめ

海上交通安全法施行規則

海上交通安全法(昭和47年法律第115号)第2条第2項第2号ロ、第4条から第7条まで、第9条、第14条第3項及び第4項(第18条第4項において準用する場合を含む。)、第20条第2項、第21条から第23条まで、第27条第1項、第29条、第30条第1項ただし書、第31条第1項ただし書、第33条第1項、第35条並びに第37条から第39条まで並びに海上交通安全法施行令(昭和48年政令第5号)第5条の規定に基づき、並びに同令を実施するため、海上交通安全法施行規則を次のように定める。

スポンサーリンク

第1章|総則

第1条|定義

この省令において使用する用語は、海上交通安全法(昭和47年法律第115号。以下「法」という。)において使用する用語の例による。

【2】この省令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

1 全周灯、短音又は長音 それぞれ海上衝突予防法(昭和52年法律第62号)第21条第6項、第32条第2項又は同条第3項に規定する全周灯、短音又は長音をいう。

2 火薬類、高圧ガス、引火性液体類又は有機過酸化物 それぞれ危険物船舶運送及び貯蔵規則(昭和32年運輸省令第30号)第2条第1号に規定する火薬類、高圧ガス、引火性液体類又は有機過酸化物をいう。

第2条|法第2条第2項第3号ロに掲げる船舶

法第2条第2項第3号ロの国土交通省令で定める船舶は、法第36条第1項の規定による許可(同条第8項の規定によりその許可を受けることを要しない場合には、港則法(昭和23年法律第174号)第31条第1項(同法第43条において準用する場合を含む。)の規定による許可)を受けて工事又は作業を行つており、当該工事又は作業の性質上接近してくる他の船舶の進路を避けることが容易でない船舶とする。

【2】法第2条第2項第3号ロの規定による灯火又は標識の表示は、夜間にあつては第1号に掲げる灯火の、昼間にあつては第2号に掲げる形象物の表示とする。

1 少なくとも2海里の視認距離を有する緑色の全周灯2個で最も見えやすい場所に2メートル(長さ20メートル未満の船舶にあつては、1メートル)以上隔てて垂直線上に連掲されたもの

2 上の1個が白色のひし形、下の2個が紅色の球形である3個の形象物(長さ20メートル以上の船舶にあつては、その直径は、0・6メートル以上とする。)で最も見えやすい場所にそれぞれ1・5メートル以上隔てて垂直線上に連掲されたもの

スポンサーリンク

第2章|交通方法

第1節|航路における一般的航法

第3条|航路航行義務

長さが50メートル以上の船舶は、別表第1各号の中欄に掲げるイの地点とロの地点との間を航行しようとするとき(同表第4号、第5号及び第12号から第17号までの中欄に掲げるイの地点とロの地点との間を航行しようとする場合にあつては、当該イの地点から当該ロの地点の方向に航行しようとするときに限る。)は、当該各号の下欄に掲げる航路の区間をこれに沿つて航行しなければならない。ただし、海洋の調査その他の用務を行なうための船舶で法第4条本文の規定による交通方法に従わないで航行することがやむを得ないと当該用務が行なわれる海域を管轄する海上保安部の長が認めたものが航行しようとするとき、又は同条ただし書に該当するときは、この限りでない。

第4条|速力の制限

法第5条の国土交通省令で定める航路の区間は、次の表の上欄に掲げる航路ごとに同表の中欄に掲げるとおりとし、当該区間に係る同条の国土交通省令で定める速力は、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

航路の名称

航路の区間

速力

浦賀水道航路

航路の全区間

12ノット

中ノ瀬航路

航路の全区間

12ノット

伊良湖水道航路

航路の全区間

12ノット

備讃瀬戸東航路

男木島灯台(北緯34度26分1秒東経134度3分39秒)から353度に引いた線と航路の西側の出入口の境界線との間の航路の区間

12ノット

備讃瀬戸北航路

航路の東側の出入口の境界線と本島ジョウケンボ鼻から牛島北東端まで引いた線との間の航路の区間

12ノット

備讃瀬戸南航路

牛島ザトーメ鼻から160度に引いた線と航路の東側の出入口の境界線との間の航路の区間

12ノット

水島航路

航路の全区間

12ノット

第5条|追越しの場合の信号

法第6条の規定により行わなければならない信号は、船舶が他の船舶の右げん側を航行しようとするときは汽笛を用いた長音1回に引き続く短音1回とし、船舶が他の船舶の左げん側を航行しようとするときは汽笛を用いた長音1回に引き続く短音2回とする。

第5条の2|追越しの禁止

法第6条の2の国土交通省令で定める航路の区間は、来島海峡航路のうち、今治船舶通航信号所(北緯34度5分25秒東経132度59分16秒)から46度へ引いた線と津島潮流信号所(北緯34度9分7秒東経132度59分30秒)から208度へ引いた線との間の区間とする。

【2】法第6条の2の国土交通省令で定める船舶は、海上交通安全法施行令(昭和48年政令第5号。以下「令」という。)第5条に規定する緊急用務を行うための船舶であつて、当該緊急用務を行うために航路を著しく遅い速力で航行している船舶、順潮の場合にその速力に潮流の速度を加えた速度が4ノット未満で航行している船舶及び逆潮の場合にその速力から潮流の速度を減じた速度が4ノット未満で航行している船舶とする。

第6条|進路を知らせるための措置

法第7条の国土交通省令で定める船舶は、信号による表示を行う場合にあつては総トン数100トン未満の船舶とし、次項に掲げる措置を講じる場合にあつては船舶自動識別装置を備えていない船舶及び船員法施行規則(昭和22年運輸省令第23号)第3条の16ただし書の規定により船舶自動識別装置を作動させていない船舶とする。

【2】法第7条の国土交通省令で定める措置は、船舶自動識別装置により目的地に関する情報を送信することとする。

【3】法第7条の規定による信号による表示は、別表第2の上欄に掲げる船舶について、それぞれ同表の下欄に規定する信号の方法により行わなければならない。

【4】第2項の規定による措置は、当該航路を航行する間、仕向港に関する情報その他の進路を知らせるために必要な情報について、海上保安庁長官が告示で定める記号により、船舶自動識別装置の目的地に関する情報として送信することにより行わなければならない。

第7条|航路への出入又は航路の横断の制限

法第9条の国土交通省令で定める航路の区間は、次の表の上欄に掲げる航路ごとに同表の中欄に掲げるとおりとし、当該区間に係る同条の国土交通省令で定める航行は、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

航路の名称

航路の区間

してはならない航行

備讃瀬戸東航路

1 航路内にある宇高東航路の東側の側方の境界線及び同境界線の北方への延長線とこれらの線から1000メートルの距離にある東側の線との間の航路の区間

2 宇高東航路の西側の側方の境界線と同境界線から500メートルの距離にある西側の線との間の航路の区間

3 航路内にある宇高西航路の東側の側方の境界線及び同境界線の北方への延長線とこれらの線から500メートルの距離にある東側の線との間の航路の区間

4 宇高西航路の西側の側方の境界線と同境界線から1000メートルの距離にある西側の線との間の航路の区間

航路を横断する航行

来島海峡航路

大島地蔵鼻から来島白石灯標(北緯34度6分25秒東経132度59分)まで引いた線と大島高山山頂(北緯34度7分58秒東経133度1分32秒)から265度に引いた線との間の航路の区間

航路外から航路に入り、航路から航路外に出、又は航路を横断する航行(中欄に掲げる航路の区間においてウズ鼻灯台(北緯34度6分45秒東経132度59分28秒)から139度に引いた線又は馬島スノ埼(北緯34度7分22秒東経132度59分35秒)から10度に引いた線を横切ることとなる場合に限る。)

第8条|航路外での待機の指示

法第10条の2の規定による指示は、次の表の上欄に掲げる航路ごとに、同表の下欄に掲げる場合において、海上保安庁長官が告示で定めるところにより、VHF無線電話その他の適切な方法により行うものとする。

航路の名称

危険を生ずるおそれのある場合

浦賀水道航路

中ノ瀬航路

次の各号のいずれかに該当する場合

1 視程が1000メートルを超え2000メートル以下の状態で、巨大船、総トン数5万トン(積載している危険物が液化ガスである場合には、総トン数2万5000トン)以上の危険物積載船(以下この表及び第15条第1項第7号において「特別危険物積載船」という。)又は船舶、いかだその他の物件を引き、若しくは押して航行する船舶であつて、当該引き船の船首から当該物件の後端まで若しくは当該押し船の船尾から当該物件の先端までの距離が200メートル以上の船舶(以下この表及び同項第8号において「長大物件えい航船等」という。)が航路を航行する場合

2 視程が1000メートル以下の状態で、長さ160メートル以上の船舶、総トン数1万トン以上の危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

伊良湖水道航路

次の各号のいずれかに該当する場合

1 視程が1000メートルを超え2000メートル以下の状態で、巨大船、特別危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

2 視程が1000メートル以下の状態で、巨大船、総トン数1万トン以上の危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

明石海峡航路

次の各号のいずれかに該当する場合

1 視程が1000メートルを超え2000メートル以下の状態で、巨大船、特別危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

2 視程が1000メートル以下の状態で、長さ160メートル以上の船舶、危険物積載船又は船舶、いかだその他の物件を引き、若しくは押して航行する船舶であつて、当該引き船の船首から当該物件の後端まで若しくは当該押し船の船尾から当該物件の先端までの距離が160メートル以上である船舶が航路を航行する場合

備讃瀬戸東航路

宇高東航路

宇高西航路

備讃瀬戸北航路

備讃瀬戸南航路

次の各号のいずれかに該当する場合

1 視程が1000メートルを超え2000メートル以下の状態で、巨大船、特別危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

2 視程が1000メートル以下の状態で、長さ160メートル以上の船舶、危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

水島航路

次の各号のいずれかに該当する場合

1 視程が1000メートルを超え2000メートル以下の状態で、巨大船、特別危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

2 視程が1000メートル以下の状態で、長さ160メートル以上の船舶、危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

来島海峡航路

次の各号のいずれかに該当する場合

1 視程が1000メートルを超え2000メートル以下の状態で、巨大船、特別危険物積載船又は長大物件えい航船等が航路を航行する場合

2 視程が1000メートル以下の状態で、長さ160メートル以上の船舶、危険物積載船又は船舶、いかだその他の物件を引き、若しくは押して航行する船舶であつて、当該引き船の船首から当該物件の後端まで若しくは当該押し船の船尾から当該物件の先端までの距離が100メートル以上である船舶が航路を航行する場合

3 潮流をさかのぼつて航路を航行する船舶が潮流の速度に4ノットを加えた速力以上の速力を保つことができずに航行するおそれがある場合

【2】前項に定めるもののほか、伊良湖水道航路内において巨大船と長さ130メートル以上の船舶(巨大船を除く。)とが行き会うことが予想される場合及び水島航路内において巨大船と長さ70メートル以上の船舶(巨大船を除く。)とが行き会うことが予想される場合には、法第10条の2の規定による指示は、次の表の上欄に掲げる航路ごとに、海上保安庁長官が告示で定めるところによりVHF無線電話その他の適切な方法により行うとともに、同表の中欄に掲げる信号の方法により行うものとする。この場合において、同欄に掲げる信号の意味は、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

航路の名称

信号の方法

信号の意味

信号所の名称及び位置

昼間

夜間

伊良湖水道航路

伊良湖水道航路管制信号所(北緯34度34分50秒東経137度1分)

153度及び293度方向に面する信号板による。

Nの文字の点滅

伊良湖水道航路を南東の方向に航行しようとする長さ130メートル以上の船舶(巨大船を除く。)は、航路外で待機しなければならないこと。

Sの文字の点滅

伊良湖水道航路を北西の方向に航行しようとする長さ130メートル以上の船舶(巨大船を除く。)は、航路外で待機しなければならないこと。

Nの文字及びSの文字の交互点滅

伊良湖水道航路を航行しようとする長さ130メートル以上の船舶(巨大船を除く。)は、航路外で待機しなければならないこと。

水島航路

水島航路西ノ埼管制信号所(北緯34度26分9秒東経133度47分12秒)

120度、180度及び290度方向に面する信号板による。

タイトルとURLをコピーしました