独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律の施行に伴う経過措置に関する政令の全文・条文

「独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律の施行に伴う経過措置に関する政令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律の施行に伴う経過措置に関する政令の全文・条文まとめ

独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律の施行に伴う経過措置に関する政令

内閣は、独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律(平成28年法律第26号)附則第2条第1項、第2項及び第4項の規定に基づき、この政令を制定する。

第1条|国からの権利及び義務の承継に係る政令で定める日

独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律(以下「法」という。)附則第2条第1項に規定する政令で定める日は、平成29年4月1日とする。

第2条|国から承継される権利及び義務

法附則第2条第1項の政令で定める権利及び義務は、次に掲げる権利及び義務とする。

1 環境省の所属に属する物品のうち環境大臣が指定するものに関する権利及び義務

2 独立行政法人環境再生保全機構法(平成15年法律第43号)第10条第1項第8号に掲げる業務に関し国が有する権利及び義務のうち前号に掲げるもの以外のものであって、環境大臣が指定するもの

第3条|権利及び義務の承継の際出資があったものとされる財産

法附則第2条第2項の政令で定める財産は、前条第2号の規定により指定された権利に係る財産のうち環境大臣が指定するものとする。

第4条|評価委員の任命等

法附則第2条第3項の評価委員は、次に掲げる者につき環境大臣が任命する。

1 財務省の職員 1人

2 環境省の職員 1人

3 独立行政法人環境再生保全機構の役員 1人

4 学識経験のある者 2人

【2】法附則第2条第3項の規定による評価は、同項の評価委員の過半数の一致によるものとする。

【3】法附則第2条第3項の規定による評価に関する庶務は、環境省総合環境政策局総務課において処理する。

附則

この政令は、公布の日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました