皇統譜令の全文・条文

「皇統譜令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

皇統譜令の全文・条文まとめ

皇統譜令

第1条

この政令に定めるものの外、皇統譜に関しては、当分の間、なお従前の例による。

第2条

皇統譜の副本は、法務省でこれを保管する。

第3条

左の各号に掲げる事項については、宮内庁長官が、法務大臣と協議して、これを行う。

1 公布又は公告がない事項の登録

2 皇統譜の登録又は附記に錯誤を発見した場合の訂正

第4条

皇室典範第3条の規定によつて、皇位継承の順序を変えたときは、その年月日を皇嗣であつた親王又は王の欄に登録し、事由を附記しなければならない。

第5条

皇室典範第11条から第14条までの規定によつて、親王、内親王、王又は女王が、皇族の身分を離れたときは、その年月日を当該親王、内親王、王又は女王の欄に登録し、事由及び氏名を附記しなければならない。

第6条

皇統譜は、内閣総理大臣の承認を得た場合の外、これを尚蔵の部局外に持ち出してはならない。

附則

○【1】この政令は、公布の日から、これを施行する。

○【2】従前の規定による皇統譜は、この政令によつて調製したものとみなす。

○【3】従前の皇統譜に関し、宮内大臣が行つた職権は、この政令の規定による皇統譜については、宮内庁長官が、これを行うものとする。

附則

 (昭和24年5月31日政令第127号)

この政令は、昭和24年6月1日から施行する。

附則

 (昭和27年7月31日政令第305号)

この政令は、昭和27年8月1日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました