石油需給適正化法施行令の全文・条文

「石油需給適正化法施行令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

石油需給適正化法施行令の全文・条文まとめ

石油需給適正化法施行令

内閣は、石油需給適正化法(昭和48年法律第122号)第2条第2項及び第7条第1項の規定に基づき、この政令を制定する。

第1条|石油製品の範囲

石油需給適正化法(以下「法」という。)第2条第2項の政令で定める炭化水素油及び石油ガス(液化したものを含む。)は、揮発油、灯油(ジェット燃料油を含む。)、軽油、重油及びプロパン、プロピレン、ブタン又はブチレンを主成分とするガス(液化したものを含む。)とする。

第2条|使用期間

法第7条第1項の政令で定める期間は、昭和49年2月から5月までの各月とする。

第3条|使用限度量

法第7条第1項第1号の政令で定める数量は、2000キロリットルとする。

附則

【1】この政令は、公布の日から施行する。

【2】石油需給適正化法第2条第2項の石油製品の範囲を定める政令(昭和48年政令第367号)は、廃止する。

附則

 (昭和49年3月27日政令第65号)

この政令は、公布の日から施行する。

附則

 (昭和49年4月24日政令第138号)

この政令は、公布の日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました