褒章の制式及び形状を定める内閣府令の全文・条文

「褒章|の制式及び形状を定める内閣府令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

褒章|の制式及び形状を定める内閣府令の全文・条文まとめ

褒章|の制式及び形状を定める内閣府令

褒章|条例(明治14年太政官布告第63号)第9条の規定に基づき、褒章|の制式及び形状を定める内閣府令を次のように定める。

褒章|及びその略綬の制式及び形状は、次の表及び図のとおりとする。

章|

地金

表面

中心は金色とし、「褒章|」の文字を記す。桜花紋をもって飾る。

裏面

紺綬褒章|の場合を除き、「賜」の文字及び氏名を記す。褒章|条例(明治14年太政官布告第63号)第3条第2項の飾版を授与するときは、引き替えた各飾版の授与年月日を記す。

寸法

直径30ミリメートル

飾版

銀とし、褒章|条例第3条第1項の飾版は、表面に授与年月日を記す。褒章|条例第3条第2項の飾版は、金色とし、表面は桜をもって飾る。

褒章|の種類により紅緑黄紫藍紺の6色とする。

36ミリメートル

略綬

褒章|の種類により紅緑黄紫藍紺の6色とする。大きさは、直径7ミリメートル。

褒章|

表面

裏面

飾版(銀)

飾版(金)

略綬

附則

この府令は、平成15年11月3日から施行し、同日以降の日付をもって授与される褒章|から適用する。

タイトルとURLをコピーしました