金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律第2条に規定する定義に関する命令の全文・条文

「金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律第2条に規定する定義に関する命令」の全文・条文を、わかりやすく、スマホで見やすい形でまとめていきます。

スポンサーリンク

金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律第2条に規定する定義に関する命令の全文・条文まとめ

金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律第2条に規定する定義に関する命令

金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律(平成10年法律第143号)第2条の規定に基づき、金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律第2条に規定する定義に関する命令を次のように定める。

第1条|株式、劣後特約付社債に準ずるもの

金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律(以下「法」という。)第2条第4項に規定する主務省令で定めるものは、協同組織金融機関の優先出資に関する法律(平成5年法律第44号)に規定する優先出資とする。

第2条|劣後特約付社債

法第2条第5項に規定する主務省令で定める社債は、元利金の支払について劣後的内容を有する特約が付された社債であって、次に掲げる性質のすべてを有するものとする。

1 担保が付されていないこと。

2 その償還が行われない期間が発行時から5年を超えるものであること。

第3条|劣後特約付金銭消費貸借

法第2条第6項に規定する主務省令で定める金銭の消費貸借は、元利金の支払について劣後的内容を有する特約が付された金銭の消費貸借であって、次に掲げる性質のすべてを有するものとする。

1 担保が付されていないこと。

2 その弁済が行われない期間が契約時から5年を超えるものであること。

附則

この命令は、公布の日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました